前立腺肥大症の症状と治療法は?50代男性の半分が悩んでいる?

スポンサーリンク

50代以上の男性で、排尿時に違和感を覚えたら、前立腺肥大症の可能性があります。

排尿時の違和感
前立腺肥大症とは「前立腺」が大きくなるという事です。
一説によると、50代以上の約半分の男性が何らかの排尿に伴う悩みを持っていると言われています。

前立腺は男性だけにある生殖器官の一つです。前立腺液という精液の成分の一部を作り、尿道を取り囲んでいます。そのため、前立腺肥大が起こると尿道が圧迫されるので、排尿に関係する様々な症状が出てきます。

前立腺肥大症とはどんな病気なのでしょうか?
今回は50代以上の男性の多くが悩んでいる「前立腺肥大症」について探ってみたいと思います。

50代以上の男性に多い前立腺肥大の症状

夜間頻尿
前立腺肥大の初期症状は頻尿です。
特に夜間の頻尿が多くなります。前立腺の肥大が進行してくると排尿に時間がかかり出にくくなってしまいます。
前立腺は生殖機能・排尿に関する器官なので、前立腺が肥大してくると、日常生活にも影響が出てくるようになります。

前立腺肥大症の代表的な症状は
・排尿までに時間がかかる
・尿が途中で途切れ、また出る
・尿に勢いが無い
・排尿時、お腹に力が入る
・トイレが近い
・夜中に何度も起きる
・残尿感がある
このように、日常生活と密接な排尿でトラブルが続いてしまうと、常日頃よりトイレが心配になり長時間の外出や運動などに楽しむ余裕が無くなってしまいます。

上記に述べた状態は必ずしも、すぐに病院に行かなければならない症状ではありませんが、余りにも違和感があるのでしたら一度病院での受診をお勧めします。

自分は大丈夫などと思って病状が進行してしまうと次のような合併症を引き起こしてしまうので注意してください。

・肉眼的血尿
前立腺肥大によって、尿道粘膜が充血し、前立腺部の粘膜から出血しやすくなります。尿の色が、ピンク色、赤色、オレンジ色など、自分の目で見ても異常が分かるため肉眼的血尿と言います。

・尿閉(にょうへい)
膀胱内に尿が溜まっているにもかかわらず、排尿できない苦しい状態です。

・尿路感染
排尿に障害があることで、膀胱に残尿が残っていると尿路感染が起きやすくなります。

・膀胱結石
いつも膀胱に残尿がある状態が続くと、膀胱に結石ができることがあります。

・腎機能障害
残尿がたくさん残るようになってくると、膀胱壁が厚くなってしまい腎臓から膀胱への尿の流れが悪くなってしまいます。
すると腎臓が腫れてしまい腎不全になることがあります。

・溢流性(いつりゅうせい)尿失禁
膀胱内に残尿がたくさんあるため、膀胱がそれ以上の尿を溜められなくなり、常に尿が少しずつ漏れることです。
水が満タンに入ったコップに、水を注ぐとコップから水が溢れます。
それと同じように尿が漏れてしまう状態の事です。

◆頻尿になる原因は、こんな沢山あります!
  ↓

前立腺肥大症になる原因

尿意
なぜ、前立腺が肥大するのかは、まだ分かっていません。

分かっているのは50歳以上の方に多くみられる疾患という事です。
30~40歳代から前立腺の肥大が始まり、50代以上になると前立腺肥大症の方はかなり増えてきます。

男性ホルモンと加齢が前立腺肥大の発症と進行にかかわっている事は疑う余地のないと言われていますが、あくまでも仮説とされていて本当の原因は明らかになっていません。

※こちらの動画で前立腺の病気について解説されています。

前立腺肥大症の治療法は?

薬
薬物治療

前立腺肥大症の治療は、症状が軽い場合はまず、薬物治療を行ないます。前立腺が尿道を圧迫するのを緩める薬や、肥大した前立腺を小さくする薬などを用います。

用いられている薬は、
α₁アドレナリン受容体遮断薬
5α還元酵素阻害薬
抗アンドロゲン薬
PDE5阻害薬
生薬
漢方薬
などに分けられています。

*薬物治療は効果・副作用に個人差があるので、必ず主治医と相談してください。

夜、トイレに何度も起きたくない!


手術治療
薬物治療でも症状の改善が見られない場合や合併症を引き起こしている場合など、主治医と相談し手術を行なうことがあります。100gを超える大きな前立腺肥大は開腹手術をする場合もありますが、一般的には尿道から内視鏡を挿入して行なう手術が多いです。
最近ではレーザーを使った新しいタイプの内視鏡手術も行なわれています。



経尿道的前立腺切除術
・尿道から内視鏡を挿入、先端の切除ループに電流を流します。(これは、電気メスと同じです)大きくなった前立腺を削るように少しずつ尿道から切除します。

ホルミウムレーザー前立腺核出術
最近広まってきている術式です。
尿道から内視鏡を挿入、レーザーを照射して肥大した前立腺と外線の間を離します。
肥大した前立腺の部分を塊としてくり抜き、膀胱内で砕いて、吸引により取り出します。
この方法は少ない出血で行なうことが出来ます。

光選択的レーザー前立腺蒸散術
尿道から内視鏡を挿入、内視鏡下に高出力のレーザーを照射、大きくなった前立腺を蒸発させながら切除します。
とても出血量が少ない
・大きくなった前立腺にも行える
・カテーテルを使う期間が短い
このような利点があります。



保存治療
症状や合併症がない前立腺肥大の方は特に治療の必要はありません。
定期的な経過観察を行ないます。

その結果、生活指導が行なわれたり、前立腺肥大に有効とされる健康食品などが勧められたりすることがあります。

まとめ 前立腺肥大を予防するには

お医者さん
前立腺肥大症については、最近ではたくさんの治療法があります。
でも、出来ればならない方がよいですよね。

前立腺肥大症を予防するために注意するべきことがあります。

・体をできるだけ冷やさない

・トイレを我慢しない

・便秘にならないように心がける

・刺激物を摂りすぎないようにする

・アルコールを飲みすぎないようにする

・適度に水分を補給する(ただし、就寝前には水分を摂りすぎないようにする)

なんか尿の出方がおかしいな、と思ったらとにかく受診してみましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする