首・後頭部に電気が走るような激しい痛みが突然起こる!これは病気?対処方法は?

スポンサーリンク

突然、から後頭部にかけて、
強烈な電気が走るような痛みに襲われたことがありませんか?

体に電気が
頭を後ろからいきなりガツーンと殴られたようなショックです。
「いたぁぁぁぁぁぁい!」

「なんじゃー、こりゃー!」
あまりの痛さに、しばらく首を動かすこともできません。

首の筋肉が切れたかなと思うほどの激痛です。
後ろから鈍器で殴られたみたいな、もう正気ではいられないほどの痛み。

これが突然、やってくるのです。

私はクルマの運転中に右側に首を回した時に、よくこの状態に襲われていました。

左の首筋から左後頭部がメチャクチャ痛いんですけど、クルマを急に止める訳にもいかなので、 顔を鬼のような形相にしかめて、片手で首やら後頭部を撫でながら
運転していたのを思い出します。

初めて、首から後頭部にこの強烈な痛みが走った時にはびっくりするとともに
首の神経か筋肉が切れたのかとも思いました。
一瞬のことで、自分の体に何が起こったのか全く分かりません。

でも、この突き抜けるような痛みはたいてい数分で終わります。
これは一体なんなのでしょうか?

首から頭の後ろに雷が落ちたような、急激に襲ってくるこの激痛!
今回は、この恐怖の痛みについてお話しします。

首、後頭部に電気が走る強烈な痛みの正体は?

神経細胞


この、首の後ろ側と後頭部を電気ショックみたいに突然走り抜ける痛みは、
後頭神経痛、あるいは皮神経痛の可能性があります。

後頭神経痛というのは、大後頭神経が支配している頭の後ろに発作的な鋭い痛みが起きる神経痛です。

かなり強い痛みが一瞬に起こるので、
脳卒中やくも膜下出血など脳血管の病気ではないかと心配して専門の病院に行く方も多くいるようです。

でも、これは血管系の病気ではなく、神経が刺激を受けたことによるものですから、命に関わるような病気ではありません。
ただし、手や足にしびれがないという場合のみです。

 手足にもしびれが出ているときは、頸椎症などの症状の可能性があります。

そして、首筋から後頭部にかけて瞬間的に痛みが起こるこの症状は皮神経痛だという意見もあります。
皮神経痛とは、筋肉の中を通り皮膚まで走っている皮神経が圧迫されて痛みを感じるというものです。

これも神経痛なので、血管の病気ではありません。
こちらも手足にしびれがないということが前提ですが。

原因は何?どうすればいいの?

肩こりの女性


首や後頭部に電気が走るような痛みを発生させるのは多くの場合、後頭神経痛や皮神経痛という神経痛です。

そして、これらの神経痛を起こす原因は、寒冷刺激、頚椎の変形、腫瘍による神経根の圧迫などがあると言われています。
ですが、多くの場合、この症状の原因はまだはっきりせず、突発性の神経痛であるとされています。

では原因がいまだによく解明されていない、この電気ショックのような痛みはどうすればよいのかということですが、
これらの症状が起こる要因には必ずと言っていいほど、肩こりや首コリがあります。

首や肩がこると首周辺の筋肉が硬くなり、その硬い筋肉が大後頭神経や皮神経を圧迫しやすくなります。

首や肩がこった状態で、首を回したり動かした瞬間、神経が圧迫されると強烈な痛みが起きる訳ですね。

後頭神経痛や皮神経痛が頻繁に起きるという方は肩や首の筋肉が緊張やコリなどで硬くなっている可能性が高いです。

ですが、急激にやってくる痛みだけで、あくまでも、手足のしびれ・腕の筋力が低下しているなどの症状がない場合ですよ。

これらの手や足のしびれ・腕の筋力の低下などの症状がある場合は頸椎症などの疑いがあります。

・まず、マッサージ・整体などで肩や首の筋肉をほぐすのが良いです。

そして、日常的に悪い姿勢で仕事をしたり、首肩を緊張させるような行動をしているのならこれらを改善する必要があります。

・首が前に出るような悪い姿勢や猫背にならないように注意する

首肩が緊張しないように長時間の仕事の時は体操を取り入れるなどですね。

・普段から首や肩のストレッチを行なったり、首・肩を温めて血行を良くするのも大切です。

・就寝中、首に負担のかからない枕を使用するのも重要です。

※首が楽な枕は?↓

まとめ 激痛から解放されました!

看護士さんたち


何気なく首を動かしたとたん、ビリビリと電気が走るような痛みに襲われる人は、首や肩がこっていると考えられます。

まずは、首や肩をマッサージなどでほぐしてください。首や肩の筋肉がほぐれて柔らかくなれば、神経の圧迫が起きにくくなり、突然やってくるこの痛みから解放されると思いますよ。

ただし、何回も言いますが、手足にしびれが出たり、腕に力が入りにくいなどの症状を伴っている場合は後頭神経痛または皮神経痛ではなく、頸椎症などになっている可能性があります。
整形外科に行ってきちんと診ていただくことをおススメします。

わたしがクルマの運転中にしばしば襲われていた強烈な痛みは、ひと月に2回くらいマッサージを受けるようになってから、起こらなくなりました。整体師の人に症状をきちんと告げて、ていねいに筋肉をほぐしてもらっています。

クルマを運転すること自体が怖くなっていましたから。本当に助かりました。

また、首や肩のストレッチも毎日行なっているので、これも良かったのではと思っています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする