ブーツの臭いを消す裏ワザ!座敷に堂々と上がれるマル秘テク!

スポンサーリンク

冬になるとブーツを履きたいですよね♪
もちろん、季節を問わずにブーツを楽しんでいる人もいますけど。
私もブーツ、大好きです。

ブーツを履いた足元
脚を長く見せられるし、暖かいし、オシャレですから・・・。
ブーツを履いた姿、自分でも似合っていると思います。
(自己満足かもしれませんが)

でも、気になることが・・・。
そう、蒸れるので、ブーツの臭い、足の臭いがすごく気になるんです。

そんな時、食事に誘われたらどうします?

座敷の部屋での食事だったら、ブーツ、脱げますか?

もし、足の臭いがしたら・・・。
もう、メチャクャ心配ですよね。

だって、ブーツの臭いはとんでもないんですよ。
納豆級に臭いとも言われていますから。

でも、そんな心配ともさよならするために
ブーツのいやーな臭いを解消する裏ワザを紹介しますね。

まず、ブーツが匂う原因から行きましょう。

◆なぜブーツは臭いのか?原因は?

嫌な臭い
ブーツの嫌な臭いの原因は
ずばり、湿度・温度・雑菌・汗・角質です。

足の裏には20万個以上とも言われる雑菌(常在菌)が住んでいます。
この常在菌は足の皮膚を守ってくれている役目を果たしてくれているんです。
ところがこの常在菌が増えすぎると悪臭を発生させる物質をたくさん作ってしまいます。

足から嫌な臭いがするのは、イソ吉草酸(いそきっそうさん)というこの悪臭物質が原因なのです。イソ吉草酸は、足の雑菌(常在菌)が古い角質や皮脂を分解して発生します。

そして、この常在菌にとっての快適な住みやすい環境が、高い温度と湿度なのです。
ブーツの中はまさに、この高い温度と湿度の常在菌をどんどん増やす環境となっています。

見た目はとてもオシャレなブーツの中では、足の汗と温度によって高温多湿になって、
強烈な臭いを発するイソ吉草酸が発生しやすい状態になっているということです。

◆ブーツの臭いを消す方法

足裏
ブーツの臭いを消す方法としては、
まず足自体の雑菌を増やさないようにするということですね。

・毎日、足をていねいに洗って清潔にする。

足の臭いの原因であるイソ吉草酸は、とても落ちにくい物質だといわれています。ですから、普通のせっけんよりも消臭効果のあるものを使うことをおススメしたいですね。
・雑菌の餌となる角質を取り除く。

角質ケア専用のものを使って月に1回~2回程度、角質を落としてください。ただし力を入れて強引に行うと皮膚を傷つけてしまいますから、あくまでも優しくですよ。

・足の爪の間も清潔にする。

意外と見落としやすい足の爪。爪の間には垢や繊維のクズが溜まりやすく、臭いの原因になります。爪は短く切っておきましょう。柔らかい歯ブラシを使うと、爪の間の汚れも取りやすいですね。

・足が蒸れにくい5本指のソックスを使用する。

足の指同士が接触すると雑菌や足の垢が繁殖しやすくなりますから。

・汗を吸わないナイロン製のストッキングは使わない。
それから、ブーツ内の雑菌を減らすようにする。

・ブーツの中の雑菌が繁殖しないように風通しの良いところで、陰干しをする。

・乾燥剤や除湿剤をブーツの中に入れる。

・除菌スプレーを使う。

・あまりにも安すぎる合成皮革やビニールレザーのブーツを履かない。

これらは吸湿性が低いので雑菌がはびこりやすいです。

・同じブーツを履きづづけない。

常にブーツは乾燥を心がけ、湿気の取れたブーツを履くようにします。

◆ブーツ・足の臭いを消す裏ワザ

裏ワザひらめき
・新聞紙を利用。

新聞紙を丸めてブーツの中に突っ込むと、新聞紙が臭いと湿度を取ってくれます。
ちなみに天気の悪い日に洗ったスニーカーを早く乾かしたいときにもこの方法が使えます。
詰め込んだ新聞紙が濡れたらどんどん新しい新聞紙と交換するのが良いですね。

・重曹で足湯を。

洗面器いっぱいのお湯に、小さじ1杯くらいに重曹を入れて、よくかき混ぜ、15分程度足湯をします。重曹は弱アルカリ性なので、酸性のイソ吉草酸を中和してくれるので消臭効果があるのですね。

・10円玉をブーツの中に入れておく。

524194
10円硬貨の主材料は銅でできています。銅には抗菌・殺菌作用があるため、
ブーツの中に入れておくと雑菌の繁殖を抑えてくれるので、ブーツの臭いに効果があるのですね。

この時使う10円玉はできる限りキレイな状態のものを使用してください。
古い10円玉を使う場合は、食器用洗剤でキレイに洗ってください。お醤油や歯磨き粉で磨くとピカピカになりますよ。

このキレイな状態の10円玉をブーツの中底に重ならないように数枚入れます。
これで一晩置いてから10円玉を取り出します。

ブーツの臭いがかなり和らいでいますよ。それから陰干しすればOKです。

まとめ 足の臭いを消すのが基本

消臭剤
ブーツの臭いを消すためには、足自体を清潔でキレイに保つのが基本です。
足の指の間には垢が残りやすいのでしっかり洗いましょうね。
爪を短く清潔にするのもお忘れなく。
足の臭いに効く石鹸もありますので、利用するのもおススメです。
ブーツは使用後は除菌して乾燥させることを心がけてください。
ブーツは1日履いたら1日は風通しの良いところで休ませるのがいいですね。
ブーツキーパーを使用して型崩れをしないように。

臭いを消す裏ワザも参考にして、ぜひブーツを楽しんでくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする