広瀬すずの大好物ニラ!まさか美しさの秘密?

スポンサーリンク

女優でモデルの広瀬すずさんの大好物はニラだそうです。
週に4回ほどもニラ鍋を食べるというから、普通に好きという域を飛びぬけて超えています。

ニラ鍋
「ニラ愛」というんだそうです。

広瀬すずさんの可憐で清純そうなイメージとニラが結びつかないので、ちょっと意外でした。

でも広瀬すずさんが元気で美しいのは、ニラをたくさん食べるところに秘密があるような気がしました。

そこでニラと美容について調べてみました。
やっぱり、広瀬すずさんみたいに健康できれいになりたいですからね!

 ニラの栄養成分

ニラ
ニラは見た目が地味なので、ただの緑黄色野菜としか思っていない人もいるかもしれませんが、 その栄養価は他の野菜と比べても群を抜いています。

◆アリシン

ニンニク、玉ねぎ、ネギなどと同じ強い香りの元となる硫化アリル。
スタミナをアップさせ、体を疲れにくくします。また、強い抗酸化力を持っているため
体を老化させる活性酸素の害を抑制するアンチエイジング効果やがんの発生を抑える作用も期待できますね。
さらに血流をよくする効果もあるので、血栓の予防や改善にも効果が望めます。

◆βカロテン(ビタミンA)

皮膚や粘膜を健康に保つ作用があるので、肌荒れや肌トラブルを抑える。
そして、抗酸化作用も持っているので、肌の老化防止にも効果が見込めます。
若々しい、健康的な肌でいられるということですね。

◆ビタミンB1

疲労回復のビタミンと呼ばれています。
いつも疲れている、目覚めがすっきりしないという方はビタミンB1が不足しているかもしれません。
また、脳神経の働きを正常に保つ働きもあるので、集中力や記憶力がアップして、仕事がはかどりますね。
さらに、ビタミンB1は、胃腸の動きを良くする効果があるので、便秘解消にも良いんです。

◆ビタミンB2

美しい瞳
発育のビタミンと呼ばれています。皮膚・髪・爪などの細胞の再生を促し、
粘膜の保護作用もあるので疲れ目や目の充血などを改善します。

また、脂質をエネルギーに変換するためにはビタミンB2が必要です。
さらに成長ホルモンの合成にもかかわっていますので、成長期の子供さんがビタミンB2不足になると 成長障害を招くことがあります。

◆鉄分

女性は月経などによる出血で鉄が排出されてしまうため鉄欠乏性貧血になりやすいですね。 鉄分はしっかり摂らないといけません。
また鉄分は美肌にもつながります。美しい肌のためにはコラーゲンが大切といわれていますが、 そのコラーゲンを作るのには、たんぱく質・ビタミンC・鉄分が欠かせません。だから、美肌のためには鉄分が必要なのです。

◆カリウム

むくみは体に不要な水分や老廃物が溜まることで起こります。
カリウムには不要な水分を体外に排出させる作用がありますので、むくみが解消されます。
また、カリウムは新陳代謝を高める働きがあり、体の細胞がどんどん生まれ変わるので、アンチエイジング効果が期待できますね。

◆カルシウム

走る人
ご存じのようにカルシウムは、骨や歯の材料になっていますよね、
でも意外かもしれませんが、カルシウムは筋肉のためにも、非常に重要な働きをしています。
もしカルシウムが不足すると、筋肉は正常に動かなくなってしまうんです。
筋肉がけいれんを起こしたり、硬直してしまいます。だから、スポーツ選手は骨のためにも筋肉のためにはカルシウムが重要というわけです。
しかも、カルシウムは精神を落ち着かせる作用があります。カルシウム不足だとイライラするという話を聞いたことがありますよね。

◆マグネシウム

血圧を下げるので高血圧を予防する働きがあります。そして、正常な血圧を保ち、血液の循環をスムーズにしてくれます。
また、筋肉の収縮を正常に維持する働きがあるので、心筋梗塞などの心疾患を予防する効果が期待できます。

◆食物繊維

ニラには食物繊維が多いのですが、水に溶けにくくお腹の中で膨らむ不溶性食物繊維が特に多く含まれ、
腸の蠕動運動を活発にさせてくれるので、便秘の解消に役立ちます。

まとめ ニラは健康的な美しさを保つために最強の野菜

レバニラ炒め
広瀬すずさんが、ニラがあまりにも好きだと公言しているので、 ニラについて調べてみましたが、やっぱり凄かったです。

ニラの栄養豊富さにびっくりです。

広瀬すずさんの健康的な美しさの理由の一つは、ニラにあったようですね。
本当にニラって、健康と美容に良いものばかり入っていますから。

これからは私もニラ鍋を食べよう思います。
一週間に4回食べるのは無理ですが・・・。

ニラは豚肉との相性がいいそうなので、レバニラ炒めなんかも食べましょうかね。

ニラ玉もおいしそうです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする