冷めた唐揚げをカリッと復活!揚げたてに戻す方法?

スポンサーリンク

唐揚げって、どこへ行っても人気がありますよね。

家の食卓でも、ファミレスでも、居酒屋でも、お弁当でも、メニューに唐揚げがあれば、みんなが喜んで食べます。 コンビニでも唐揚げはレジの近くに置かれて、飛ぶように売れていますね。

唐揚げ弁当
子供から大人までみんな本当に大好きです。私などは、毎日食べても良いくらい(笑)

唐揚げは、揚げたてをその場で食べれば衣はサクッとしていて、中はジューシーでもうサイコー。なのに、時間が経ちすぎると美味しさがガクッと落ちてしまいます。

冷めた唐揚げ、ヘナっとなっています。口に入れた時のサクサク感も消えています。残念です。せっかくの唐揚げ。できれば、やっぱり美味しく食べたいですよね。

そこで今回は「冷めた唐揚げをカリッと復活させる方法」を探ってみました。
その前にまずは、唐揚げを美味しく揚げるコツから行きましょう。

美味しい唐揚げを作るコツ

ひらめく女性


今はお惣菜屋さんや、コンビニエンスストアなどでも唐揚げは普通に売られています。

そんな唐揚げも自宅に持ち帰って、いざ食べようとすると、もう冷めてしまっているのですね。

美味しい唐揚げは、やっぱりすぐに食べられる自宅で揚げる方がよいですよね。
最近では良い唐揚げ粉がいっぱい出ていますが、自分でもやってみたいです。
では、美味しい唐揚げを作るコツをご紹介しますね。

鶏肉は

・鶏もも肉を使用しますが、ただ使うだけでは美味しくなりません。

肉の線維を切らなくてはいけないのでフォークでサクサクと刺しましょう。
肉の中にも味が染み込むように、まんべんなく、突き刺してください。

調味料は

肉に味付けをする調味料はいつものもので結構です。
おろしニンニク・おろし生姜・しょう油・酒などですね。

小麦粉?片栗粉?どっち?

・小麦粉と片栗粉、どちらも同じでんぷん質なのですが、小麦粉はデンプン以外にグルテンと呼ばれるタンパク質が含まれています。
グルテンが含まれると食感か柔らかくなります。また、片栗粉はカリッとした食感を作ります。
ですから、小麦粉と片栗粉を混ぜて使うのがおススメです。片栗粉を多めにしてください。中は柔らかくジューシーで外側がカリッと仕上がります。

2度揚げします

・片栗粉は180℃以下にしてしまうとベチャとなってしまうので、1回目は180℃をキープして揚げましょう。1分30秒ほどで綺麗なきつね色になったら取り出してください。

・取り出して3~4分くらい唐揚げを休ませましょう。(最初から揚げすぎると、肉の温度が高くなり肉がパサパサになってしまいます)

・休ませている間に余熱で肉の内部に火が通ります。

・2度目は40秒揚げましょう。温度はやっぱり180℃。周りがカリッとしてくるので取りだしてくださいね。

冷めた唐揚げをカリッと復活する方法

美味しい唐揚げ
せっかく美味しくできた唐揚げも時間がたってしまったらベチョっとなり、ガッカリしちゃいますよね。そんなときのお役立ち情報!

冷えた(冷めた)唐揚げを、揚げたてみたいに美味しくカリッと復活する方法です。



◆オーブンとトースターを使って

1 オーブンを180~200℃の予熱で温めておきます。

2 アルミホイルをくしゃくしゃにして広げておいてください。(破れないようにシワを残しつつ広げてください)後で使います。

3 唐揚げを耐熱皿に入れオーブンで(ラップはしてはいけません。)20~30秒ほど焼きます。

4 くしゃくしゃにしたアルミホイルに唐揚げをのせてオーブントースターで5~10分焼いてください。(目は離さずにいてください。心配な人は途中で転がしてください。)

くしゃくしゃのアルミホイルはボコボコしているため、凹んだ部分に余分な油が入るので唐揚げがカリッとします。



★トースト・オーブン料理・ノンフライ料理はもちろん、お惣菜を揚げたての美味しさに


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ノンフライオーブン シロカ ノンフライヤー オーブン siroca crossl…
価格:9980円(税込、送料無料) (2016/10/12時点)


◆電子レンジを使って

・揚げ物・フライ機能がついていたらそのまま使用して下さい。



◆揚げ物フライ機能の付いていない電子レンジの場合は

電子レンジにキッチンペーパーやクッキングシートを敷いて温めてください。キッチンペーパーやクッキングシートが水分や油を吸い取りカリッと温めることができます。

(トースターと同じように目を離さないでください。機種によって出すタイミングは異なります)

トースターがあれば電子レンジの後にトースターを使うともっと美味しくカリッとできます。時間は電子レンジ→トースターの場合はトースターに入れて1~2分です。この時も目は離さないでください。



◆フライパンを使って

・フライパンの上に弱火で焦げないように温めると、余分な油も抜けてカリッとなります。
湿った海苔をパリパリに戻すには↓


まとめ

鶏胸肉と片栗粉
最後まで読んでいただきありがとうございます。

保育園児から年配の方まで人気の唐揚げ。
お惣菜屋さんで買ったものでも、自宅で作ったものでもカリッと復活できる、簡単な裏ワザをご紹介しました。

ですが、もともとの唐揚げが美味しくないと、いくら復活させても美味しくはなりませんね(笑)
それで、まず美味しい唐揚げの作り方のコツをお伝えした訳です。
唐揚げが大好きなあなたのお役に立てたら、とても嬉しいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする