美味しいグリーンスムージーを自宅で簡単に作る方法

スポンサーリンク

グリーンスムージーって、知ってますか?
見た目は濃い野菜ジュースに似ています。味は、使う材料によって、美味しかったり、そうでなかったり(笑)

グリーンスムージーを作る女性
美容と健康にすごく良い効果があると言われているので、グリーンスムージーは女性に大人気ですね。子供だって朝ご飯を食べたがらないときに腹持ちの良いスムージーをあげて栄養補給。男性も2日酔いで食欲がない時にもいいです。

忙しいときや食欲のないときでも、グリーンスムージーならさっと飲めます。手軽にたくさんの栄養が摂れますから、とっても便利ですね。

また、カロリーが低く栄養価が高いので、ダイエットにも効果的です。グリーンスムージーを飲んで痩せたという芸能人の話もよく聞きます。だからダイエットに興味のある女性には特に人気があるのですね。

スムージーとジュースの違いは?

ミキサー
一見、スムージーはジュースに似ていますが、はっきりした違いがあります。
大きな違いは、
・ジュースは、果汁や野菜汁を絞ったもの
・スムージーは、果物や野菜の食べられる部分を丸ごと細かく刻んで混ぜ合わせたものです。

だからスムージーは、ジュースには入らなかった栄養までが摂れるのですね。

スムージーの作り方は、いたって簡単。
基本は、凍らせた果物や野菜の可食部分をミキサーにかけるだけです。

そうそう、スムージーはミキサー(ブレンダー)を使って作るのです。
ジュースはジューサーで作りますが。

リンゴジュースなら出来上がったものは淡い色をした透明感のある液体ですが、
リンゴのスムージーには、赤い粒々がいっぱい入っています。
リンゴのスムージーを作るときは、芯の部分は使いませんが、皮の部分も食べられるためキレイに洗って材料として使っているからです。
リンゴを丸ごと液体化したものですね。どこにも栄養を逃がさないのです。

また、市販の野菜ジュースは、加熱処理されているため栄養価は低くなってしまいます。出来れば生野菜・果物を使ってミキサーにかけることをお勧め致します。

スムージーの種類

美味しいスムージー


・グリーンスムージー
スムージーの中で最も有名なのがグリーンスムージーです。これは緑色の葉野菜、果物、水だけで作ります。味をよくするためのはちみつやミルクなど入れません。低カロリーなのに栄養価が高いので、健康的にダイエットするのにも向いています。

・フルーツスムージー
フルーツスムージーは、その名の通りバナナやリンゴ、イチゴなどのフルーツのみで作るスムージーです。フルーツの甘さや酸味が美味しい、スイーツとしても飲めるスムージーです。やや高カロリーになるので、ダイエット目的の方よりも甘酸っぱい味に惹かれる方向きのスムージーと言えます。
イメージとしては、シェイクやフラペチーノに近いですね。

・レッドスムージー
赤色の野菜や果物を入れて作るので、見た目はまさにレッドです。
よく使われる材料はトマト・イチゴ・人参・赤パプリカなど。抗酸化作用の強い材料を使うので、生活習慣病の予防やアンチエイジング目的の方に好まれます。

・ホットスムージー
寒い冬には、冷たいスムージーは苦手な方も多いでしょう。そこで生まれたのがホットスムージー。温めると健康効果の上がる材料を使った、冷え性の女性にも優しくて嬉しいスムージーです。生姜などの体を温めてくれる材料を入れます。

人気のあるスムージーは?

◆ ブルーベリースムージー
ヨーグルトにブルーベリーに蜂蜜・氷など入ったスムージーです。

◆  小松菜・バナナ・リンゴのスムージー
小松菜、バナナ、リンゴの3種類に豆乳を加えたスムージーです。

◆  ブルーベリーに完熟バナナのスムージー
凍ったブルーベリーに完熟バナナにヨーグルトや牛乳を加えます。

グリーンスムージー人気の秘密

スムージーを飲む女性


なぜ、今でもグリーンスムージーって人気なのか?
やっぱり、健康と美容に効果があるからですよね。
それから「芸能人やタレントが愛用!」とか、「セレブの方も飲んでますよ」なんて言われて、ちょっとミーハー的感覚で飲んでみたりと。

でもダイエット目的で飲んでいる方が多いのも事実。それに今は、粉末タイプのグリーンスムージーの人気も高いです。材料をそろえる手間もありませんし、洗いものも少なくて済みますから。しかも経済的。



こんなことがグリーンスムージーの根強い人気の秘密なんでしょうね。

*グリーンスムージーを作るときの注意点*

① 豆類・でんぷん質は入れない。

・なぜ入れちゃいけないの?ってなりますよね。
それは、フルーツとの食べ合わせが悪く、腸にガスが発生しやすくなるためです。

*入れてしまえば大丈夫と思っている方!

柑橘系のように酸を含む食べ物とでんぷん質を一緒に食べると、唾液に含まれる消化酵素が抑制されでんぷんの消化が妨げられてしまいます。
結果、消化不良を起こし腸内にガスが溜まってしまう。
という負のサイクルに陥ってしまうのででんぷん質・豆類は要注意!

② 緑の濃い野菜を入れましょう。(ほうれん草・小松菜など)

・葉野菜に含まれる成分「クロロフィル」の分子は人間の血液分子に類似していて、体に取り入れると血液サラサラになるそうです。

美味しいグリーンスムージーを簡単に作る方法

朝のグリーンスムージー
自宅で簡単に美容に良いスムージーの作り方をいくつか紹介したいと思います。

★まずはタレントさんが痩せた!と話題になったスムージーです。
・バナナ     1本
・みかん     3個
・キウイフルーツ 1個
・ほうれん草   1/4束
・水       1カップ
これらをミキサーに入れてスイッチポン

★美容のためにグリーンスムージーを飲みたいけど苦いのはちょっと?という方に
・ほうれん草   1束
・洋梨      1/2個
・りんご     1個
・ヨーグルト   大さじ3杯
これらをミキサーに入れてスイッチポン

ほうれん草を使ったスムージーの作り方を動画で見れます!

https://www.youtube.com/watch?v=RL5YI0k-9Yg

★栄養満点な小松菜を使ったレシピ
・小松菜     3束
・ピーマン    2個
・はちみつ    大さじ2~3杯
・氷       8個
・牛乳      100cc
・レモン汁    大さじ1杯
これらをミキサーに入れてスイッチポン
*牛乳は分離しやすいのでお早めにお飲みくださいませ。


まとめ とにかく作って飲んでみる!

グリーンスムージーを作る


スムージーは、本当に色々な材料で作れるので面白いですね。しかも簡単。
私の家でも夏場は、子供にスムージーを飲ませてから幼稚園に行かせていました。スムージーは手軽にできるので、フルーツと緑なら何でも入れてスイッチポンしていました。

時々失敗して、家族から不味い!と言われることもありました。美味しくなかった理由は、緑の薄いキャベツなどを入れていたからと分かりましたが。

皆さんも、定番のグリーンスムージーから始めるのもいいでしょうし、フルーツスムージーをいきなり作っても構いません。一度スムージーを作って飲んでみてください。
結構いけますよ。ハマるかもしれませんね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする