強烈に固いビンのふたの開け方!力がなくても開けられる3つの裏ワザお教えします!

スポンサーリンク

食パンに友人からもらったジャムをつけてみようと、ジャムのビンを持ってきました。
ところが、このビンのふた、かなり固いのです。

ジャムのビン


「うーっ、何これ?」
「開かないよーっ!」

真剣に力を入れてみたけど、ビンの蓋はピクリともしません。

「うりゃゃゃゃゃゃゃぁぁぁぁ!」

奥歯をかみしめて鬼のような顔になりながら、ビンの蓋を回そうとするけれど、
蓋は微動だにしない。固過ぎー!

これってメチャクチャ固過ぎでしょう。いったい誰がこんなきつく締めちゃったの?

「これじゃ開けられなーい!」
「どうやって開ける?この固いビンの蓋?」

もうキレかかって、
こめかみに血管が浮き出ているあなたのために

強烈に固いビンの蓋
楽に開けられる方法をお教えしますよ。

固いビンの蓋を開ける3つの裏ワザ

ブルーベリージャム


固く締まったビンの蓋を開けられるという方法は実は色々あります。

わりあい良く知られたやり方や、なるほどと唸る蓋の開け方まで、
本当に知恵とひらめきで考え出された方法が様々存在します。

簡単に楽に、そして安全に、ビンの蓋を開けたいあなたのために、
ここではとっておきの裏技ともいえる方法を3つ紹介しましょう。

1.蓋に輪ゴムをはめる

蓋が開かない原因の最も多いものが、蓋が滑って力が入らないというもの。

蓋に輪ゴムを何本かはめることによって蓋が滑って力が入らないのを防いでくれます。



※蓋を滑らなくして開けるという方法ではこれは最も面白いやりかた。驚きのカラーボールを使います!




知っていると、友だちにも自慢できますね。

2.蓋にガムテープを貼る

まず、蓋の周囲を一周する程度の長さにガムテープを切ります。そして、ビンを立てたとき、蓋の垂直なラインに沿って布製のガムテープを2/3程巻きつけます。

蓋の上の部分にもガムテープをくっつけ、余っている部分のガムテープを引っ張ると、滑らないことと回す力が逃げない子ことで蓋から楽に開けられますよ。



3.ビンの蓋に穴をあける

キリなどをビンの蓋に当て、上から金づちで軽くたたき、蓋に小さな穴を開けます。
すると、固く閉まっていたビン内部に空気が入り、蓋が動きやすくなります。

そして、上記1や2の方法、輪ゴムやガムテープを使えば楽に蓋を開けることができます。

蓋に穴が開いた後は、上からセロテープなどを貼ってふさいでおけばOKです。
また、中味を別のタッパーなどに入れ替えるのもいいですね。

おススメできないビンのふたの開け方

どうする


ここから紹介するのは、あくまでも参考のために、

こんな方法も蓋が開けられるよ、というもので、私としては、あまりお勧めではありません。

・ビンの蓋や底をかなりの力でトントン叩く

(手の平の親指の付け根あたりでたたくのですが、何回も叩くと手が痛いです。
だからといって固いものでを叩くとビンが割れて怪我をするかもしれませんので、おススメできません。)

・ビンを上下反対にひっくり返して開けてみる

(蓋が開いた瞬間に中味が飛び出てしまったら・・・これもおススメできません)

・ビンの蓋の隙間にマイナスドライバーやハサミの先端などを差し込んで、ビン内の圧力を抜いて開ける方法

ビンと蓋の隙間にドライバーなどを差し込むのが難しい場合、慎重にやらないとドライバーなどで手指を傷つけてしまう可能性がありますね。

・ビンの蓋をお湯で温めて、蓋を膨張させて開ける方法もあります。

ボウルに50℃のお湯を、逆さにしたビンの蓋の部分が浸かるように入れ、約1分ほど温めた後、取り出せば、らくに蓋が回るというもの。

ただ、この方法だとビンの中身も多少温まってしまうので、中に入っているものが温まっても大丈夫なものに限られますよね。

それにお湯を沸かすのがちょっと面倒です。お湯の温度も計って加減しないといけませんし、うっかり熱いお湯に触れて火傷、なんてのも嫌ですしね。

・これは、ビンの金属製の蓋ではなく、ペットボトルのプラスティック製のふたの開け方の場合。

歯が丈夫だと自慢している人が時々やる方法ですが、
ペットボトルの蓋を奥歯でかんで固定し、ボトル本体の方を回すというやり方です。

この方法は歯が欠けたり、口の中を傷つける危険があります。
これも推薦できるものではありません。

まとめ 絶対に蓋を開けてやる!

蓋を開けると


ビンの蓋が、実際にはそれほど強く締まっていない場合は、
開けるためには、どんな方法でも通用します。

ここで取り上げた方法以外にも、滑り止めの付いた軍手やゴム手袋を使ったり、濡らしたタオルで蓋を開けるというやり方もあります。

要は蓋を滑りにくくして、蓋を回す力が逃げないようにすれば開くわけですね。ビン本体もしっかり支えて滑らないようにするのが条件です。

裏ワザを使ってビンの蓋を開けたい方は今回紹介した方法をぜひやってみてください。面白いほど上手く蓋が開きますよ。

でも、力も使いたくないし、輪ゴムやテープやキリを使うのも嫌という方、もっと確実に簡単に蓋を開けたい、または何をやっても蓋が開かないというときは、市販のオープナーを使ってみてください。↓


現実にはこれが一番簡単ですね。無駄なエネルギーを使わずに済みます。
急いでいる時、力持ちがそばにいない時、一家に一本あると重宝しますね。

面白いこと大好きなチャレンジャーは、裏ワザを使って楽しんでビンの蓋を開けてください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする