なぜ、夏に太るの?今年こそ太りたくない!秋までに解消できる?

スポンサーリンク

暑い季節になると、夏痩せする人がいる一方で、何故か太ってしまうという方がいますよね。
じつは私もなっていました。夏太りです。

肥満
といいますか、年中太っていたのですが、夏は特にサイズアップしていましたね。
もちろんプールなんかにも行けません。プヨプヨのお肉がかっこ悪いですから。

暑いので、ふだんより食欲がないし、そんなに食べてないのに、なんとも不思議でした。
でも、振り返ってみると夏に太る原因がありましたね。

汗は人一倍かいていましたけど、清涼飲料水をがぶ飲みしていましたし、
脂っこくないから大丈夫と言って、そうめんをお腹いっぱい食べたり・・・。

おまけに、休みの日はエアコンの効いた部屋で1日中ゴロゴロしながらアイスクリームにコーラにアイスコーヒー。
こんな生活ではやっぱり太ってしまいますよね。

そこで今回は、夏太りの原因と予防法、解消法を考えていきましょう。

夏太りの原因

コーラとお菓子が大好きな男性


夏は、食欲も減退しがちで汗もいっぱいかくから、痩せるイメージがありますが、そうでもないですね。油断するとかえって太りやすいです
夏に太るお仲間は大勢います。心強いです(笑)

夏に太ると、体を動かすのが余計に億劫になってくるので、さらに太る可能性があります。
何とかしないといけません。
できれば快適に夏を過ごし、秋にはスリムでカッコいい体になっていたい・・・ので。

そのために、
まず夏太りの原因から探っていきましょう。

食生活

・冷たいものを食べ過ぎている

冷たいソーメン、冷たいうどん、冷やし中華、アイスクリーム、冷たいジュースなどを摂り過ぎていませんか?
冷たいものばかりを食べていると、内臓が冷えるので、体の代謝が落ちて脂肪が付きやすくなります。

代謝というのは、体の中の化学変化のことです。
食べたものをエネルギーに変えるとか、脂肪を燃やして熱に変えるとかですね。

ところが体が冷えていると、体の色々な機能がしっかり働けなくて、代謝も十分に行われなくなります。
代謝が落ちることで、本来、エネルギーなどに変わるべきだったものが脂肪として蓄えられてしまいます。

ですから、「体を冷やしてはいけない!」と言われているのです。



・偏ったものを食べている

暑いからといって、のど通りの良いものや食べやすいものばかりを食べていると
栄養が不足してしまいます。
その結果、代謝が落ちて太りやすくなります。

うどんやソーメンで食事を簡単に済ませて、油を使っていないから太らないと思っている人がいますが、それは違います。
炭水化物は油以上に太りやすいのです。

体を健康に維持するため、太らないためには、炭水化物(糖質)、たんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラルをバランスよく摂らないといけません。
食欲がないからといって、麺類やパン、お菓子ばかり食べている人がいますが、これは栄養バランスがとても悪く(糖質ばかりが多いです)、一番太ります。



※この動画でも、先生は栄養バランスが大切なことをお話ししてくれています。

運動不足

・暑い時期に太ってしまう人は、体を積極的に動かしていないのかもしれませんね。
もちろん、運動大好きで大いに体を動かしているよ、という方もいるとは思いますが・・・。

運動すると体がもっと熱くなってしまいますからね。ベタついた汗や額からだらだら流れ落ちる汗も気持ち悪くて嫌という場合あるでしょう。
人間というのは基本的に怠け者ですからね、面倒なことはしたくありません。当然、運動する時間が少なくなるので、消費カロリーも低下して太る原因の一つになります。

また、運動しないこと自体が筋肉量を減らしてしまうので、基礎代謝が落ち余分な脂肪を蓄えることになります。

代謝が落ちている

・夏は冷房の効いた部屋や涼しい場所で過ごす時間が長いので、 体はどうしても冷えてしまいます。それで代謝が悪くなり脂肪が付きやすくなるのです。

・入浴もシャワーなどで済ませがちです。ゆっくりとお風呂につかるということがないので、
やはり体の芯は冷えたままです。そして、代謝も落ちたままです。だから太るのですね。

先ほどからくどいほど言っていますように、「代謝が落ちる=(イコール)太る」ということです。



※夏太り対策のブレンド茶も人気があるようです!

夏太りの予防法・解消法

茹で卵の入った野菜サラダ


食生活



夏に冷たいものを食べるのは気持ちがいいのですが、内臓が冷えすぎるのは良くありません。
お腹を壊す恐れもありますし。温かいものも食べるようにしましょう。

食欲がない場合は、無理にたくさん食べる必要はありません。主食(ご飯、麺、パンなど)は少なくてかもいません。私は主食を減らして10キロぐらい痩せました。体調もすごくいです!
野菜や肉、大豆製品、魚などをバランスよく少量ずつでも食べられるように工夫しましょう。
うどんやソーメンを食べるのなら、同じ麺類でもそばを食べることをおススメします。

そばの方がアミノ酸やビタミンなどの栄養がいっぱい入っているからです。



※ビタミンが不足すると痩せないだけじゃなく、病気になる可能性もあります!




運動

ゴロゴロしていてばかりでは余計に体はだるくなってしまいます。ますます動けなくなってしまいます。
かといって夏の日中に外に出て運動するのはおススメできません。熱中症の心配もあります。

室内にいてもできる用事や仕事は積極的に行いましょう。テレビを見ながらストレッチや、軽い体操をするのもいいです。
涼しい朝の時間や夕方に散歩をするのも最高に気持ちいいですよ。特に夏の朝の空気は爽やかで幸せを感じます。



代謝

とにかく、代謝が落ちることで太ってしまいますから、代謝を上げることを考えましょう。
◆冷房で体を冷やしすぎない。
◆冷たいものを食べ過ぎない。
◆栄養が偏らないように、特にたんぱく質、ビタミンをしっかり取れるものを食べる。
◆適度に体を動かす。
◆お風呂はシャワーだけではなく、湯船につかって体を温める。
体の芯が冷えていると、お風呂のお湯は最初熱く感じますが、体が温まり始まると気持ちよくなってきますよ。1日に1回は体をしっかり温めてあげてください。夏バテの解消にもなります。

秋にはカッコいい体になっていたいですね。祈っております。
あっ、もちろん私も頑張りますよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする