帯状疱疹はお風呂でうつるのか心配! 赤ちゃん妊婦は大丈夫?

スポンサーリンク

胸のあたりがピリピリと痛くて病院に行ったら
帯状疱疹と言われた・・・。

背中の右側に発疹ができて水ぶくれになっている。

チクチクと痛いけど、どうしたらいい?

痛い
思い当たる人も多いでしょう。
確かにこれは帯状疱疹の症状のようです。

帯状疱疹は珍しいものではなく、よくある病気なのですが、
痛みか強いと夜も眠れないこともあります。

また、帯状疱疹はうつるのではないかと心配になるかもしれません。
とくに赤ちゃんや妊婦さんは感染しないか気になることと思います。

そこで今回は、帯状疱疹に関連する色々な心配について探っていきましょう。

帯状疱疹の症状は

帯状疱疹になった


そもそも帯状疱疹とは何でしょうか?
帯状疱疹は、最初、皮膚にチクチク、ピリピリする痛みが出ることから始まります。
しばらくすると、痛みのある場所に赤い発疹が出てきて、小さな水ぶくれになり、
帯のように広がっていきます。
帯状疱疹は、たいてい体の左右どちらかの神経に沿って帯状に現れます。
痛みのある皮膚病なので辛いです。

帯状疱疹の原因は

帯状疱疹


多くの人は子供のころに水ぼうそうにかかります。そして、水ぼうそうが治った後も
その水疱瘡のウイルスは神経節という神経細胞が集まっている場所に潜んでいます。

神経節に隠れているウイルスが再び暴れはじめて起こるのが帯状疱疹です。
水ぼうそうのウイルスが再度暴れはじめる誘因となるのは、過労、免疫力の低下、
病気、老化、手術などと言われています。
つまり、水ぼうそうにかかったことがある人は、帯状疱疹の原因になるウイルスを持っているということです。

 帯状疱疹とヘルペスは違うの?

赤ちゃん 入浴


帯状疱疹とヘルペスは症状が似ているため、区別が分かりにくいのですが、その違いについてお話しします。

まず、原因ウイルスが異なります。
帯状疱疹は、「水疱・帯状疱疹ウイルス」が原因となって発症し、
ヘルペスの場合は「単純ヘルペスウイルス」に感染すると発症します。

症状の出る場所の違い

帯状疱疹は、胸から腹、背中に症状が出ることが多いです。

ここには「胸髄神経」が通っていて、 帯状疱疹の原因である水疱・帯状疱疹ウイルスは神経節に隠れているため、神経に沿って症状があらわれやすいのです。
また顔面の三叉神経が走っている部分に症状が出ることもあります。

ヘルペスの場合、口唇ヘルペスであれば、口唇やその周りに症状が出ます。
まれには眼の角膜や手指などにも症状が出ることがあります。また性器ヘルペスでは、性器やその周辺に症状があらわれます。

※こちらの動画では帯状疱疹について分かりやすく説明してくれています。


症状の違い

帯状疱疹もヘルペスも水疱ができて、つぶれて、かさぶたになるという経過は同じですが、
痛みのレベルがかなり異なります。
帯状疱疹は夜も眠れないくらい痛みが強いこともありますが、
ヘルペスの場合も、チクチク、ピリピリという痛みはありますが、
帯状疱疹よりも軽いことが多いのです。
そして、帯状疱疹でもヘルペスでも寡婦ぶたがとれてきれいになったら痛みはなくなるのが普通です。
ですが、帯状疱疹の場合は、かさぶたが消えても、痛みが続くことがあります。これを帯状疱疹後神経痛と言います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

帯状疱疹の痛みをとる本 [ 本田まりこ ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2017/4/26時点)


帯状疱疹やヘルペスは再発するの?

この答えですが、帯状疱疹は、ふつう一生のうちに一度しかかかりません。ふつうと言いましたが、これには理由があります。
糖尿病やその他の病気にかかっていて免疫力が下がっている方の場合は、二度、三度と再発する場合があるからです。
そして、ヘルペスの場合だと、1年以内に何度も再発することがあります。

いずれにしても体力や免疫力の低下が再発を招くということです。

帯状疱疹になったらお風呂に入っても良い?

水ぶくれが出ている間は、湯船につかる入浴は避け、シャワーにしておいた方がよいでしょう。健康な大人にうつることはほとんどありませんが、
水ぼうそうにかかったことのない赤ちゃんや幼児、妊婦さん、高齢者には感染する可能性がありますので。
念のため、タオルや洗濯物も別にした方がよいです。

いつ治るの?

帯状疱疹の症状は、一般的には発症してから4週間~8週間ほどで治ります。

ですが、他の病気と同じで、そのときの健康状態(体力が落ちている、免疫力が下がっているなど)で治癒するまでに時間が長くかかる場合もあります。

まとめ

シャワー


帯状疱疹は、体の右側か左側のどちらかに、チクチク、ピリピリする痛みが起こり、
その痛い部分が赤くなり、小さな水ぶくれが集合したようにできます。
2~3週間経つと水ぶくれはかさぶたになり、4~6週間ほどでそのかさぶたも取れてきます。
かさぶたが取れるころには痛みも消えて治ります。

これが帯状疱疹の一般的な症状の経過です。

ですが、帯状疱疹も顔や頭にできると、目に感染して視力障害の原因になったり、
顔面神経麻痺になることもあります。

帯状疱疹かも知れないと思ったら、
医療機関の診断をすぐに受けることをおススメします。

お風呂も症状が出てている間はバスタブにつからないでシャワーで体をきれいにするのが良いでしょう。
赤ちゃん、幼児、妊婦さんは幼児は感染する可能性があります。帯状疱疹の症状のある人とは接触しない方がよいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする