赤ちゃんの歯磨き!いつから始めればいいの?

スポンサーリンク

親戚の赤ちゃんに歯が生え始めました。
赤ちゃんの小さなお口に芽生えた小さな歯。本当に可愛いですよね。

赤ちゃん笑顔


赤ちゃんの歯は、個人差がありますが生後6か月くらいから生え始め2歳半くらいには乳歯が生え揃うようです。

さっきの赤ちゃんのママに「歯磨きはいつから始めたらよいの?」と聞かれたのですが、はっきり答えられませんでした。
どんな風な方法で歯磨きすればよいのかも。
管理人は今も二人の幼児を育てている最中ですが、すっかり忘れてしまっていました。
もしかしたら、そのせいで今ウチの子供たちは歯医者さんによく通う羽目になったのかとも思い、もう一度しっかり調べてみました。

赤ちゃんの歯磨きは、いつから開始?

乳歯


赤ちゃんの歯磨きを開始する時期は、初めての歯が生えたときと言われています。
普通、最初の乳歯は下の前歯が2本生えてきます。すぐに歯ブラシを使うのではなく、ガーゼで拭いてあげればいいのです。

歯ブラシを使う歯磨きは上の歯が生えてからでも遅くありません。
ですから、歯ブラシを使っての本格的な歯磨きは6ヶ月位から~1歳位でいいのです。
当然個人差がありますので、歯の生え方に応じて始めてください。

上に書いた時期はあくまでも目安です。赤ちゃんの歯磨きを始めるのが少し遅くなっても、心配しないで大丈夫ですよ。

もともと口の中には唾液による自浄作用がありますから、赤ちゃんの歯磨きは歯をしっかりと磨くというより 歯を磨くという行為に慣れてもらう方が大切です。
おおらかな気持ちで赤ちゃんにまず歯磨きすること、歯ブラシを口に入れることに慣れてもらいましょう。

歯磨きのやり方は?

歯ブラシセット


最初は、親御さんの太ももや膝に赤ちゃんを上向きに寝かせて、ガーゼで歯を拭いてあげましょう。
話しかけたり歌を歌ったりしながら、赤ちゃんがリラックスできる状態で行なってください。

ガーゼで拭くことに慣れてきたら、歯ブラシを使い始めます。
歯ブラシは赤ちゃん幼児用のものを使ってください。
歯磨き粉は赤ちゃん小児用のジェルタイプが歯医者さんでも勧められています。

小児用のジェルタイプ歯磨きは、もし飲み込んでも健康に問題はありません。安全第一に考えられて作られていますので、 発泡剤や研磨剤などは入っていません。

赤ちゃんは強く磨くと歯磨きが嫌いになりますし、乳歯は軽く磨いても汚れが落ちますので、優しく磨いてあげてください。
片方の手で、赤ちゃんの口元が安定するようにし、磨く方の手はペンを持つ形で歯ブラシを持ち、軽く小さく横磨きをしてあげてください。

このとき、上唇と歯茎の間にある襞の部分に歯ブラシが当たらないようにしてあげましょう。
そこに歯ブラシが当たると痛みを感じやすいので、歯磨きが嫌いになってしまうこともありますので。

赤ちゃんが歯磨きを嫌がるときは?

口の中に異物が入ってくるのですから、赤ちゃんが歯磨きを嫌がるのは当然です。
赤ちゃんがリラックスできて楽しい雰囲気で磨いてあげることを心がけましょう。

歌を歌ってあげたり、話しかけたりしながら歯磨きが楽しい時間だと赤ちゃんが感じるようにしましょう。

ガーゼを使うときは指に巻いて歯を拭いてあげるのが良い方法です。
歯ブラシよりも危険が少ないですし、力の入れ具合も分かりやすいです。

最初は、口の中を触られることに慣れてもらうつもりで行なってください。

また、歯ブラシを嫌がるときは、親御さんが磨いてあげる歯ブラシとは別の歯ブラシを用意し、 赤ちゃんに持たせると磨きやすくなります。
歯磨きジェルを使うと歯磨きを嫌がる子でも、ジェルのイチゴやブドウの味か気に入って歯磨きを嫌がらなくなる場合もあります。

赤ちゃんのお口は刺激に敏感なので、清涼感のあるミント味などは使わないでください。
ジェルは歯を強くする意味でもフッ素が配合されているのものがいいですね。

赤ちゃんはまだお口をすすぐことができませんので、水で湿らせたガーゼなどで軽く拭き取ってあげましょう。

味が付いたジェルを嫌がる場合は、当分は歯ブラシだけで磨けばよいでしょう。
ブラッシングの後は、口をすすぐ代わりにお水かお茶(カフェインレス)を飲ませれば良いです。

まとめ

赤ちゃんの顔を見て微笑む母親


・赤ちゃんの歯磨き開始時期は、最初の歯が生えた頃。

・この時はガーゼで歯を拭いてあげればよい。

・歯ブラシの使用は、上の歯も生えてからでOK。

・歯磨き粉の使用は、お口すすぎができるようになってからで大丈夫です。

・歯磨き粉は赤ちゃん幼児用のイチゴやブドウなどの優しい味のものでフッ素の入った歯磨きジェルがおススメ。

・歯ブラシだけを使って歯磨きをするときは、口をすすぐ代わりに濡れたガーゼで拭き取ってあげる。お茶などを飲ませてもいいです。

・赤ちゃんの歯磨きは上向きに寝かせて、最初はガーゼで拭くことから始める。

・歯ブラシを使うときは、赤ちゃん幼児用のものを使い、ペンを持つ形で持って、優しく軽く磨く。

・歯磨きが嫌いにならないように楽しい雰囲気を作り、話しかけたり、お歌を歌ってあげながら磨く。

・お口のすすぎができない間は、歯磨き粉(歯磨きジェル)は無理に使わないで歯ブラシで磨くだけでよい。



赤ちゃんが楽しく歯磨きができるように習慣づけることが大切ですね。始めは思い通りにできないものです。親御さんもあせらないでゆったりとして気分で行ないましょう。

親子の楽しいコミュニケーションですよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする