アルミホイルの意外な使い方2!驚きの超裏ワザ集!

スポンサーリンク

ラップとともにどこのキッチンにもあるアルミホイル。先日、面白い、意外な使い方を幾つか紹介しました。

アルミ箔で包んだお菓子


すると、読者の方から
「アルミホイルって、もっとほかにも面白い使い方があるだろう」
「裏ワザって言っても、あれだけでは物足りない」というお声をいただきました。

そこで今回はその続編として、またまたアルミホイルの色々な活用法をパワーアップしてお伝えしたいと思います。

あなたの知らないアルミホイルの世界~使い方

植物用のハサミ


◆ハサミやナイフの切れ味を良くする

アルミホイルを数回折り、それをハサミで切ります。これをするとハサミの切れ味が、あらあら不思議、良くなっているのです。もちろん砥石で研ぐのが一番ですが、けっこう面倒です。ナイフや包丁にもこの方法は使えます。アルミホイルを折りたたんだら、数回切ってみてください。アルミが砥石の代わりになってくれるわけですね。



◆アイロンをかける時に利用

アルミホイルの熱伝導率の良さを利用し、衣類にアイロンをかけるときにも役立ちます。
アイロン台にアルミホイルを敷いて、そのアルミホイルの上に衣類を広げてアイロンをかけると、とてもきれいに仕上がります。アイロンをかける時間も短縮できますし、当然電気代も節約できて主婦には嬉しいですね!



◆アイロンがかけられない素材(シルクなど)のシワをとる!

ウール、シルク、レーヨンなどの素材は、普通アイロンを直に当てることができませんよね。でも、これらの衣類のシワを何とかしたいとき、またまた、アルミホイルの出番です。

そんな時、アイロン台の上にアルミホイルを敷き、その上にウールやシルク、レーヨンなどの素材の衣類をのせて、その衣類の10cm程度上からアイロンのスチームをかけて、何度か往復させてみましょう。アイロンから吹き出す蒸気と熱をアルミホイルが衣類に跳ね返し、衣類のシワがきれいにとれます。

鮭料理


◆煮魚料理にもアルミホイルが使えます

一般に、煮物を作るときの落としぶた代わりにアルミホイルがよく利用されますね。身が柔らかい魚を煮るときには、アルミホイルを軽くかぶせるのがコツです。

また、お鍋の底にアルミホイルを敷いて魚を煮れば、焦げ付き防止にもなりますし、出来上がった時に魚を取りだすときにも、ホイルごと取り出せますので、魚の身がくずれなくて見た目もきれいです。プロの料理人になった気分ですよ。

ジャガイモ料理


◆野菜の皮むき

ジャガイモや山芋の皮をむくのは、少し面倒な作業です。特に山芋は手がかゆくなったりしますから、あまり使いたくないですよね。もっと簡単に皮をむく方法がないかなと考えたりします。そんなときはアルミホイルを使いましょう。

アルミホイルを一度、くしゃくしゃにした後で広げます。そのアルミホイルでジャガイモなどを包む感じでこすります。そうすると、皮が上手くむけます。皮についた泥も一緒にとれますし、余分に皮をむいてしまうことがないので、捨てる部分が少なくて済み、材料を無駄なく使えるのですね。

目玉焼きの乗ったナシゴレン


◆目玉焼きを丸くきれいに焼く

意外に難しい、まあるい目玉焼きを作ってみましょう。

アルミホイルを何度か折って2cmくらいの高さの帯にする。この帯を好みの大きさの輪っかにする。

油を引いたフライパンの上に、この輪っかをのせ中火にして、ホイルの輪っかの中に卵を割って入れる。黄身がつぶれないようにしてくださいね。1分ほど加熱したら、水をくらい入れます。弱火にし蓋をして蒸し焼きにする。

アルミホイルの輪っかを外し、お皿に盛って、好みの調味料をかけてください。きれいな丸い目玉焼きの出来上がりです。
アルミホイルの形を輪っかではなく、ハート形にしたり三角形や四角形にするのも面白い目玉焼きができて、楽しいです。



◆ブーツのニオイを消す

ブーツのニオイ、気になることがありますね。そこで、アルミホイルを使ったブーツの消臭テクニックをお教えします。

アルミホイルを30cmほどに切り、軽く丸めます。これを3個ほど作り、ブーツの中に入れておくのです。たったこれだけのことですが、ブーツのニオイを消してくれます。

アルミホイルは水に触れると金属イオンを発生させる性質があり、金属イオンは雑菌の繁殖を抑える作用があるため、空気中の水分に反応して発生した金属イオンがブーツの中の雑菌の繁殖を抑えるので、消臭効果につながるということなのです。

※ブーツのニオイ絶対に消したい!


◆家具の移動が楽になる

部屋の中でタンスなどの家具を少し動かいたいとき、困ってしまいますよね。
家具はけっこう重いので少し動かそうと思ってもかなりの力で必要です。

そんなときはアルミホイルを活用しましょう。移動したい家具の足の下にアルミホイルを挟むのです。こうすれば家具はすべるので、動かしやすくなります。
ホイルのキラキラ輝いている方を上にしてください。絨毯やカーペットに乗っている家具でもかなり動かしやすくなりますよ。

※アルミホイルの裏ワザ集1は


まとめ 使い方は色々あっていい!

あなたの知らないアルミホイルの世界なんて、大げさなことを書いてしまいましたが、アルミホイルの面白い使い方、便利な使い方、それは知らなかった、なるほどって思える使い方があったでしょうか。

ちょっと脱線しますが、
実は筆者、以前、文学全集のセールスをやっていたことがあります。

百科事典


本が好きな人に営業をかけるのは当たり前ですが、もう一つ別の売り方があります。
「こんな文学全集を居間に揃えておくと知的な雰囲気が出ますよ!」と勧めるのです。

「文学全集は読むものではありません。飾ってカッコいいのです!」
こんな売り方で結構売れました。

本は読むものというのは固定観念です。

どんなものにも色々な使い方があっていいですよね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする